アフィリエイトノウハウはたくさんあるけど、購入者の状況により進化していくノウハウなんて今まで無かった
≪インディビジョン≫求人数30万件以上!


【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ビジネスホテル情報の利用は、無料の楽天の会員になってくださいね! 予約すると楽天市場で使えるポイントが貯まります!貯まったポイントで何でも買い物ができますよ!!


ビジネスマナー@名刺交換マナーの常識

ビジネスマナー@名刺交換のマナー!相手の情報をメモする!



名刺交換名刺は情報ツール!

日々多くの方と名刺交換をすることになりますので、名刺交換をした相手のことを思い出せなくなることがあります。

その際に、頂いた名刺の裏面に簡単なメモをする習慣をつけましょう!
そうすれば、後日名刺の裏面を見れば相手のことを思い出すきっかけになります。

名刺の裏面にメモをする内容は

 ・面談した日時
 ・面談の場所
 ・面談の用件
 ・相手の特徴

相手の特徴は、背の高さや体格、メガネの有無等、名前と顔が一致するように工夫をしながら書いておきましょう。

次回にお会いするのが、1年とかもっと時間が過ぎてからということも決して珍しくありません。

名刺を出して挨拶をした時に

「いえ、以前に一度お会いしていますよ」

と言われると気まずくなりますので、ビジネスマンのマナーとして情報管理をしっかりとしておきましょう!

ビジネスマナー@名刺交換マナーの常識

ビジネスマナー@名刺交換のマナー!名刺の扱いはていねいに!


名刺交換名刺扱い方!

ビジネス上の名刺は、その方の身分の証として交換するものです。

名刺の角が折り曲がったり、汚れている名刺を相手に渡すのはとても失礼にあたります。
また、相手から受け取った名刺を財布に入れたり、裸のままポケットに入れたりすると相手はとても不快に感じるでしょう。

大切な商談、目上のかたとの面談等では、自分の名刺も相手の名刺も大切に扱いましょう!

そういう意味から、名刺入れにも注意する必要があります。
自分の印象度を左右するかも知れない名刺入れについては、身だしなみの一部として考えておきましょう!!

 
これからどのような立場の方と会う事になるかわかりません。
派手な名刺入れは避けて落ち着いたデザインのもを選ぶのが無難です。


ビジネスマナー@名刺交換マナーの常識

ビジネスマナー@名刺交換のマナー!こんな時どうする?!


名刺の出し方の基本は、目上の人よりも先に自分が名刺を出すことです。

しかし、実際の場面では習った通りに進まないこともたくさんありますので、落ち着いて対応するようにしましょう!

名刺交換で目上の人が先に名刺を出された時!

「恐れ入ります。
 申し遅れましたが わたくし○○商事の△△と申します。
 よろしくお願いいたします。」


と自分の名刺を差し出しましょう!


名刺交換名刺が切れていた!

名刺のはつねに切らさないようにチェックしておかねければなりませんが、もし使い切ってしまった場合は
「申し訳ありません。名刺を切らしてしまいました」
と失礼を詫びます。

後日、お詫びの手紙に名刺を添えて送りましょう。

タグ:名刺交換

ビジネスマナー@名刺交換マナーの常識

ビジネスマナー@名刺交換後の名刺の扱いのビジネスマナー



名刺交換受け取った名刺の扱いのマナー

・受け取った名刺は、自分の名刺とは分けて名刺入れに入れておきましょう!

・テーブルを挟んでの商談の場合は、受け取った名刺をテーブルの上に置いておきます。

相手が複数人の場合は、席順通りにテーブルの上に並べておけば、相手の名前を間違わずに話をすることができます。
注意としては、名刺をテーブルの上に置いておくのを嫌う方もいらっしゃいますので、相手が自分の名刺をテーブルの上に置かれないばあいは、それに見習った方が無難です。

ビジネスマナー@名刺交換マナーの常識

ビジネスマナー@名刺交換方法のビジネスマナー!



名刺交換のマナー!

「初めまして。わたくし●●商事の営業部△△と申します。よろしくお願いいたします」
と言うあいさつに合わせて名刺交換をします。


名刺は、訪問した側から名刺を出します。

名刺を出すときも受け取るときも両手で行います。
名刺を胸の高さに持ち、両手で差し出します。名刺の向きは相手から見て正面になるように出します。
名刺名刺入れに載せて差し出す場合もありますので、名刺入れにも気を配っておきたいものですね。

・上司が同席している場合は、上司から名刺交換を行います。

・応接テーブル挟んでいる場合は1歩テーブルから離れて交換します。

ビジネスマナー@名刺交換マナーの常識

ビジネスマナー@名刺を切れないようにするビジネスマナー!


名刺名刺入れに余分に入れておく!

名刺は、ビジネスの必需品です。
初対面の相手に対して、名刺を忘れた!名刺が足らない!
と言うのは非常に失礼にあたり、商談にも影響することがありますので名刺には十分に注意を払っておきましょう!

名刺入れには、常に10〜15枚の名刺を入れておきましょう!
名刺の残りは普段から確認する習慣をつけておき、いざと言う時に名刺が切れたりすることがないように注意しましょう!

名刺入れは、男性の場合は上着の内ポケット。女性はハンドバッグに入れておき、いつでも出しやすい状態にしておきましょう。
上着やハンドバッグを変える時に名刺入れを忘れないようにしましょう!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。