アフィリエイトノウハウはたくさんあるけど、購入者の状況により進化していくノウハウなんて今まで無かった
≪インディビジョン≫求人数30万件以上!


【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ビジネスホテル情報の利用は、無料の楽天の会員になってくださいね! 予約すると楽天市場で使えるポイントが貯まります!貯まったポイントで何でも買い物ができますよ!!


ビジネスマナー@挨拶マナーの常識

ビジネスマナー@起立時のおじぎの仕方のビジネスマナー!


おじぎにも3段階ある!

おじぎといってもただ頭をさげるだけではありません。
その時の状況によって、おじぎの仕方を使い分けましょう!

・会釈:かるく頭を下げます。廊下等ですれ違った時にはこの会釈で十分ですね。
    一般的に起立の状態から15度くらい頭を下げるおじぎです。

・普通礼:起立の状態から30度くらい頭をさげるおじぎです。
    お客様をお迎えする時等は、敬礼をしましょう。

・敬礼:起立の状態から45度くらい頭を下げるおじぎです。
    お願い、謝罪等重要な場面で行うことが多いおじぎですね。

おじぎの基本は、おじぎの始めと終わりには相手の目を見ることが大切です!!
よそ見しながらの最敬礼は、最敬礼の意味がないどころか、大変に失礼になりますのでくれぐれも注意しましょう!!


おじぎのポイント
ペコペコ頭を下げるおじぎはスマートではないし、相手に対しての誠意も見せることができません。
おじぎは、ゆっくりとできれば1〜3呼吸するくらいで行います。

その場合、頭を下げる感じではなく、ていねいに上半身を折るよう基本です!

タグ:和室 挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60375039
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。